鷹ガールの【原愛梨】文字で絵を描く書道家の経歴と作品を紹介。

タレント

今回ピックアップするのは文字で絵を描く書道家原愛梨」さんです。筆を見事に操り、文字で絵を描いていく技術には本当に感動させられます。しかも、原愛梨さんのビジュアルも可愛らしく、今人気沸騰中の書道家です。原愛梨さんの経歴や作品を紹介していきます。

原愛梨のカップ画像】年齢や出身高校も!個展はどこで見れる ...

引用:twitter

スポンサードリンク

1文字で絵を描く書道家【原愛梨】さん

1−1プロフィール

引用:twitter

原 愛梨(はら あいり)
生年月日:1993年10月2日
身長:149cm
職業:書道家タレント
出身地:福岡県
事務所:ツインプラネット
趣味:早口言葉・アナウンス
特技:書道・ピアノ
学歴:福岡教育大教育学部生涯スポーツ芸術課程
資格:高校国語の教員免許、高校書道の教員免許等

高校:福岡県立山門高等学校

 

2歳から書道を始め、最年少文部科学大臣賞受賞。その他にもピアノもかなりの腕前のようです。ピアノでも九州大会へ出場した経験があります。その他にもいろいろな習い事をしてきましたがその中でも極めたいと思ったものが「書道」だったようです。

書道は高校、大学と専門的に学んでいました。高校の国語教員免許と書道の教員免許を取得しています。高校は福岡県立山門高等学校を卒業し、この頃から書道への道を意識するようになったそうです。「書道が上手なタレントになりたい」という将来の夢ももっていたとのことです。実は原愛梨さんは大学卒業後、福岡の銀行に就職しましたが、「書道が上手なタレントになりたい」という夢を諦めきれずに、銀行を退職し、今の事務所に所属したそうですよ。

文字を使った書道アートでスポーツの作品をメインにTwitterに投稿したところ、その作品と親しみやすい性格と、天真爛漫なキャラクターの原愛梨さんが注目されるようになりました。メディアやイベント、ジャンルを問わず幅広い分野で活躍する今注目の若手書道アーティストです。

 

主な出演番組
「ワイドナショー」(フジテレビ)
「あさチャン!」(TBSテレビ)
「スッキリ」(日本テレビ)
「香取慎吾と願いを叶えるクリスマス大作戦」(中京テレビ)
「村上信五のスポーツ奇跡の瞬間アワード2019」(フジテレビ)
「ヒルナンデス!」(日本テレビ)

など

 

1−2原愛梨の別の顔

福岡出身の原愛梨さんは大のソフトバンクホークスファンで鷹ガールとしても有名です。この書道アーティストとして注目されるようになったのも選手の名前をその選手の絵にして描いたのがきっかけになっています。

twitter

野球を好きになったのはお姉さんの影響で、お姉さんとお父さんがホークスファン(当時はダイエー)で、原愛梨さんも良く球場に連れられ、試合を見に行っていたそうです。見れば見るほど楽しくなっていったそうです。特に熱中するようになったのは2017年に福岡・大川市のPRレディーをやったことがキッカケのようです。イベントに良く行っていて、そこで選手とイベントでご一緒させてもらう機会があったり、マウンドに立つ機会があったりして、野球とホークスにハマっていったそうです。

特にも高橋純平投手のファンで、最初に描いた作品も高橋純平選手のものだったようで、書道アートが世の中に広まるきっかけになったのも高橋純平選手のおかげだそうです。

原 愛梨(書道アーティスト)🐥🖌 Twitterren: "正解はコチラ‼️ #高橋 ...

引用:twitter

 

インタビュー:2019.12

「キッカケはソフトバンクの高橋純平投手でした。ツイッターで私の作品に『これ欲しい』みたいな感じのコメントを付けてくださったんです。2年前くらいから『絵』と『書』を組み合わせた作品は書いていたのですが、これを選手と絡めるようになったのはこれがキッカケで5月でした」

「ちょうど高橋純平投手のお誕生日が5月だったんです(5月8日)。お誕生日に『お誕生日おめでとう』ということで、高橋純平投手のフォームを元にした書道アートを描かせていただきました。この作品を高橋純平投手に凄く喜んでいただけて『これは!』と思って書き始めました。ですので、まだ書き始めて7か月くらいです」

引用:full-Count

スポンサードリンク

2原愛梨さんの活躍

Instagramやtwitterで作品を紹介したところ注目を集め、最近ではテレビ出演も多くなってきている書道家原愛梨さんの書道との出会いや思いはどのようなものなのでしょうか。

引用:twitter

2−1書道との出会い

3歳年上のお姉さんが習字をやっていて、その影響で原愛梨さんも習字を始めたそうです。お姉さんの真似をしたがるのが当時の原愛梨さんでピアノを習ったのもお姉さんの影響のようです。両親からは『やるからには頂点を目指さないとダメだよ』と言われたそうです。

 

引用:twitter

 

また、小さい頃は大好きな習字の先生に褒められたいという気持ちが強かったようです。誰よりも早く教室へ行き、習字について先生に「よくできたね」と褒められるのが嬉しかったそうです。当時は言葉で物事を伝えるよりも書道で気持ちを表現できることに魅力を感じていたそうですよ。

お姉さんの存在やご両親の教育方針、そして大好きな習字の先生が今の原愛梨さんの活躍の起点となっているようですね。

2−2書道アートへの思い

 書道で個展とかも開催したんですが、どうしても書道に興味のある人、ない人が分かれてしまうんです。どうやったら書道に興味のない人に興味を持ってもらえるのかな、とずっと考えていました。このSNSとかが発達している中で、みんなが書くことをやめないでいてくれるかな、興味を持ってくれるかなと考えたときに、『絵』という視覚的なところから入ったら、みんなも興味を持ちやすいんじゃないか、と。それで『書』と『絵』を組み合わせた何かをしようと思いました。そうすれば海外の人も興味を持ってくれるんじゃないか、と。絵なら世界共通なので

引用:full-Count

 

 

大好きな書道を広めて、その無限の可能性を認知して守るらために常に試行錯誤し、向上心をもって活動されていることが分かります。きっと作品を目にすることも増えてくることでしょう。

2−3作品の紹介

Instagram

nbsp;

YouTube

nbsp;

Instagram、YouTube、twitterに他の作品もたくさんアップされているのでぜひご覧ください。

 

3まとめ

今回は文字で絵を描く書道家の「原愛梨」さんについてピックアップし、情報をまとめてみました。書道家として、そして福岡ソフトバンクホークスの大ファンである鷹ガールとしての素顔。そのきっかけがご両親やお姉さんであったこともわかりました。さらに、習字に関しては関わってくれた先生に恵まれたことも、書道を大好きになり、現在の書道アートへ結びついているようです。

好きなことを極め、アレンジし、世の中に発信していく力は素晴らしいですね。今後も原愛梨さんとその書道アート作品に注目し、応援していきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました