星蘭ひとみは三浦春馬さんの元カノ役?年齢や実家などの噂の経歴紹介

女優

TBS火曜ドラマ「おカネの切れ目が恋のはじまり」(2020年9月15日スタート、火曜後10・00)で連続ドラマに初出演する「星蘭ひとみ」さんをピックアップしました。実は星蘭ひとみさんは宝塚劇団に所属していて、現役のタカラジェンヌです。今回連続テレビに抜擢された星蘭ひとみさんの魅力とプロフィールや「実家が出光興産」という噂まで調べてまとめてみました。

星蘭 カネ恋

引用:ナタリー

 

1現役タカラジェンヌ星蘭ひとみとは?

星蘭ひとみさんは、抜群のスタイルと小さなお顔、整った顔立ちが人形さんのような可愛らしいさがあるとても魅力的な娘役さんです。「現代のオードリーヘップバーン」だと話題になるほどでした。

星蘭 オードリー

引用:Instagram#星蘭ひとみ

 

1−1プロフィール

プロフィール
引用:宝塚歌劇団公式ホームページ

名前  星蘭ひとみ(せいら ひとみ)

本名 吉原真由

生年月日 1994年5月26日

出身地 東京都港区

出身高校 学習院女子高等科

身長 163cm

所属 宝塚歌劇団

宝塚音楽学校入学:2013年4月

宝塚歌劇団入団:2015年3月

入団期:101期生

愛称:せーら、ひとみん

プチピックアップ◉噂の実家について

何やら「星蘭ひとみ」と検索すると「実家」「出光興産」とヒットしてきますが、どこからか星蘭さんのご実家は超一流企業「出光興産」であるという噂が立っているようです。

真相実家は「出光興産」ではありません。ただ、出身の学校などからお金もちであることは間違いないようです。

スポンサードリンク
 

1−2経歴

主な経歴2013年
宝塚音楽学校入学(101期生)2015年
宝塚歌劇団入団。『1789』で初舞台、その後星組に配属
NHK ドラマ「経世済民の男 第二部 小林一三~夢とそろばん~」後編に出演

2017年
宝塚大劇場/東京宝塚劇場公演 ミュージカル『THE SCARLET PIMPERNEL』(ルイ・シャルル役)
宝塚大劇場/東京宝塚劇場公演 ミュージカル『ベルリン、わが愛』新人公演初ヒロイン(ジル・クライン役)

2018年
宝塚大劇場/東京宝塚劇場公演 RAKUGO MUSICAL『ANOTHER WORLD』新人公演ヒロイン(お澄役)
宝塚バウホール公演 『デビュタント』(ミレーユ役)

2019年
12 月 23 日付 専科(映像)へ異動

2020年
TAKARAZUKA SKY STAGE『宝塚ホテルの歴史』にナビゲーターとして出演
TBS 火曜ドラマ『おカネの切れ目が恋のはじまり』(聖徳まりあ役)

数々の作品で活躍されています。特に入団3、4年目に新人公演ヒロインに抜擢されていますね、実力と美貌が際立っていたことがわかります。

 

2カネ恋ではどんな役?

数々のヒット作を生み出してきたTBS火曜ドラマ、今回の「おカネの切れ目が恋のはじまり」(2020年9月15日スタート、火曜後10・00)はどのようなドラマになるのでしょうか。

プチピックアップ過去の主なTBS火曜10時ドラマ

2020年

私の家政夫ナギサさん | 出演:多部未華子 , 瀬戸康史
恋はつづくよどこまでも | 出演:上白石萌音 , 佐藤健

 

2019年

Heaven?~ご苦楽レストラン~ | 出演:石原さとみ , 福士蒼汰
初めて恋をした日に読む話 | 出演:深田恭子 , 永山絢斗

など

2018年

カンナさーん! | 出演:渡辺直美 , 要潤
カルテット | 出演:松たか子 , 満島ひかり

など

2017年

逃げるは恥だが役に立つ | 出演:新垣結衣 , 星野源

など

2−1カネ恋ってどんなドラマ?

「おカネの切れ目が恋のはじまり(カネ恋)」は30歳という若さでこの世を去ってしまった三浦春馬さんの遺作として注目されるドラマです。松岡茉優さんが主演を務め、中堅おもちゃメーカーを舞台に、経理部の“清貧女子”九鬼(くき)玲子(松岡茉優)とメーカー御曹司の“浪費男子”猿渡慶太(三浦春馬)、正反対の性格の2人のひと夏の恋物語“じれキュン”ラブコメディーです。

星蘭ひとみさんはどのような役で出演するのでしょうか。

引用:ナタリー

 

 

2−2星蘭ひとみはどんな役?

星蘭ひとみさんが演じるのは、慶太(三浦春馬)の元カノでアパレル会社広報の聖徳まりあ役です。慶太の浪費ぶりに愛想を尽かして別れました。まりあ(星蘭)自身は自分への投資を言い訳にお金を使いまくる“投資女子”です。周りの目を気にして強がって生きるが、そのことに疲れてしまうという女性の共感を呼ぶキャラクターを演じています。

スポンサードリンク
 

3ドラマに抜擢された真相は?

3−1宝塚での活躍

星蘭ひとみさんは2013年、宝塚音楽学校入学。15年、宝塚歌劇団に101期生として入団しました。圧倒的な美貌を誇り、17年に新人公演「ベルリン、わが愛」で初ヒロイン。入団3年目の抜擢となり実力、その美貌が認められました。

プチピックアップ星蘭さんと宝塚の出会い

星蘭ひとみさんの初観劇は月組公演『ロミオとジュリエット』でした。

美弥るりかさんのカッコよさに感動し、翌日も始発で宝塚へ行き、立ち見席をゲットしたそうです。

 

3−2ドラマ抜擢の理由

実は星蘭ひとみさんは、2019年12月23日付で異動することが発表されています。

具体的には専科「映像」への異動です。一芸に秀でたベテランが中心のスペシャリスト集団・専科に入団5年目の若手が異動するのは珍しいそうで、今後は映像を中心に活動すると発表されています。今回の「カネ恋」がその第1弾となるようです。

やはり、美貌と実力で専科へ異動したことが今回のドラマで抜擢された理由のようですね。

今後はC Mや映画などでも星蘭ひとみさんの活躍を見られる可能性があります。楽しみですね。

プチピックアップタカラジェンヌドラマ出演の偉業

宝塚歌劇団の現役生が連ドラにレギュラー出演するのは、1994年前期のNHK連続テレビ小説「ぴあの」のヒロインを務めた純名里沙以来、実に26年ぶり

引用:Instagram#星蘭ひとみ

 

まとめ

今回は現役タカラジェンヌの「星蘭ひとみ」さんをピックアップしてみました。その美貌と実力で演劇の世界でも活躍し、その実力を高めてきました。さらに専科への異動を果たし、今回のテレビドラマ出演となったようです。つまり、その美しさと実力は折り紙付きとなります。今回の「カネ恋」だけでなく、今後の活躍も非常に楽しみですね。

星蘭ひとみさんを応援していきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました