【画像】美馬アンナの子どもの障がいの原因や治療は?先天性欠損症

タレント

プロ野球の千葉ロッテマリーンズの美馬学投手と、女優やタレントとして活動するアンナさんご夫婦は、2019年10月11日、念願の第1子が誕生しました。元気な男の子(ミニっち)。しかし、先天性欠損症により右手首から先がない障がいをもって生まれてきました。その先天性欠損症の原因や治療について調べてみました。ミニっちのかわいい画像も紹介します。

スポンサーリンク

1ミニっちのかわいい画像

美馬アンナ,子ども,ミニっち,障がい,先天性欠損症,プロ野球,ピッチャー,美馬学,千葉ロッテ,原因, 美馬アンナ,子ども,ミニっち,障がい,先天性欠損症,プロ野球,ピッチャー,美馬学,千葉ロッテ,原因, 美馬アンナ,子ども,ミニっち,障がい,先天性欠損症,プロ野球,ピッチャー,美馬学,千葉ロッテ,原因, 美馬アンナ,子ども,ミニっち,障がい,先天性欠損症,プロ野球,ピッチャー,美馬学,千葉ロッテ,原因, 美馬アンナ,子ども,ミニっち,障がい,先天性欠損症,プロ野球,ピッチャー,美馬学,千葉ロッテ,原因, 美馬アンナ,子ども,ミニっち,障がい,先天性欠損症,プロ野球,ピッチャー,美馬学,千葉ロッテ,原因,

引用:@mima_79_anna

2先天性欠損症とは

美馬アンナ,子ども,ミニっち,障がい,先天性欠損症,プロ野球,ピッチャー,美馬学,千葉ロッテ,原因,美馬アンナ,子ども,ミニっち,障がい,先天性欠損症,プロ野球,ピッチャー,美馬学,千葉ロッテ,原因,

さて、今回ピックアップした「先天性欠損症」とはどのような障がいなのでしょうか。別には「先天性横軸形成障がい」(せんてんせいよこじくけいせいしょうがい)というようです。

・生下時より上腕あるいは前腕より末梢が欠損している先天性疾患
・通常は欠損肢の末梢部に小さい塊を伴う。
・不規則かつ散在的にみられる。=散発性
・片側に見られる。=片側性
・合併奇形、精神発達遅延を伴うことはまれ。
・上腕欠損の場合は肩関節の機能は通常正常である。
・前腕欠損の場合は肩関節、肘関節の機能は通常正常である。

24時間以上の長い陣痛を経て、元気に産声を上げたミニっちには、右手首から先がありませんでした。大きな喜びと安堵を感じたのもつかの間、「え、手がない!」と思わず声を上げたそうです。産院の先生方も驚きを隠せず、大慌てで生まれたばかりのミニっちを大病院に運んで全身を検査。先天性欠損症を持つ新生児は内臓疾患などを併発するケースもありましたがミニっちはその他は健康だったようです。

スポンサーリンク

3先天性欠損症の原因

美馬アンナ,子ども,ミニっち,障がい,先天性欠損症,プロ野球,ピッチャー,美馬学,千葉ロッテ,原因,

◎主な原因
・胎生4~5週における肢芽あるいは外胚葉性頂提形成 の際の血流不全
◎その他の原因
・遺伝的異常
・四肢の正常な発達が子宮内で中断
・羊膜腔(子宮内で発育中の胎児の周囲を満たす羊水が入っている袋)から出た細い組織の束によって腕や脚が締めつけられる。
・母親が先天異常を引き起こす有害物質妊娠中に接触
・妊娠中の特定の感染症
・妊娠中の葉酸欠乏症、飲酒、喫煙、糖尿病の管理不良
・35歳以上での妊娠

原因については様々考えられると思います。

美馬アンナさんは「なかなか子どもができなかったので、ミニっちが生まれたことがすごくうれしいし、小さな彼に出会えたことは本当にうれしい」と語っています。第一子妊娠ご体調管理などは徹底していたこと、医師ですらそれに気づけなかったことなどから、美馬アンナさんのお子さんの欠損の原因は不明である可能性が高いと思います。

スポンサーリンク

4先天性欠損症の治療

美馬アンナ,子ども,ミニっち,障がい,先天性欠損症,プロ野球,ピッチャー,美馬学,千葉ロッテ,原因,

・橈骨と尺骨を分離して両骨でつまみ動作を獲得する方法
・整容面や機能面の改善に課題
・欠損肢を健常肢のように再建する手段のない現状
・幼少時からの義手訓練によりその巧みな使用が期待
・義手でその障害を克服しているが、機能の再現という水準には至っていない。

4−1移植手術成功

ポーランドの外科医師らは先天性欠損症により生まれつき片側の手がなかった男性(32)に、死亡したドナーの手を移植する手術に成功したことを明らかにした。医師らは先天性欠損症の患者への移植術としては、世界初の成功例だと述べている。
今回の手術は、四肢欠損の状態で生まれてきて、義手や義足といった人工装具の使用が唯一の選択肢だった数十万の人々に新しい可能性を開くものだ。

引用:AFPBBNews

移植等の技術が進むにつれて、このような事例は増えてくるのかなと思います。今後の医療の発展に期待ですね。

スポンサーリンク

4−2ロボットの腕・手

イギリスのリーズに暮らすイネス・サイードさん(30歳)は、「先天性四肢欠損症」と呼ばれる障害により、左腕の前腕がない状態で生まれました。

<デイリー・ミラー>によると、NHS(イギリス国民保健サービス)から提供された義手はイネスさんの腕には合わず、小学校高学年のときに使うのをやめたところ、周囲からのいじめが始まったそうです。

「見た目の変化によって、心まで壊れてしまうこともあります。(いじめに遭って以降)私は左腕をポケットに隠すようになり、ジムやプールにも行かなくなりました」と語るイネスさん。

そんな彼女の心に希望の光が灯ったのは、大学生のときにウィル・スミス主演の映画『アイ,ロボット』(2004)を見たときでした。その際彼女は母のサフィアさんに、「私、ロボットの腕が欲しい!」と伝えたそうです。

そんなのはファンタジーの世界の話――と家族は思っていましたが、昨年イネスさんがある動画を目にしたことで、状況は大きく変わりました。

彼女は新しい義手をとても気に入っているそうで、装着するたびにヒーローに変身したような気分になれるのだとか。

また、「これまで障害のことを公にはしていなかったのですが、今回の出来事は私の自信にも大きな影響を与えてくれました。より自分らしくなれたように思いま」と述べています。

医療の発展に加えてこのようなテクノロジーの発展も多くの人に可能性を広げてくれることは間違いありません。今後のテクノロジーの発展にも期待していきましょう。

5まとめ

今回は美馬アンナさんのお子さんの障がいである先天性欠損症について調べてみました。

初めてのお子さんが障がいをもって生まれてくるということで大変驚いたことでしょう。

まさか自分がという気持ちも強かったと思います。

しかし、その障がいを受け止め、「障がい」を「個性」として捉えることで前向きに多くの可能性を見いだせることでしょう。

今後も美馬アンナさん、美馬学投手、ミニっちの家族に注目し、応援していきましょう。

コメント

  1. 熊本県民 より:

    障害者は、バカ。死ねばいいのに。

タイトルとURLをコピーしました